あさひな しょう

朝比奈 正

管理人: 朝比奈 正
モルディブの太陽の下で』ライブ版!?
首都マーレからチョコ情報です!!
  →イラストプロフ
  →Twitterつぶやき

『モルディブの太陽の下で』

 ★大好評 発売中!★

“肌で感じる”モルディブガイド
これまでにないウラ情報、満載!

 ブログ内検索

 カテゴリー別↓

携帯電話でも見られます↓↓

QR
http://asahinasho.blog88.fc2.com/?m

 NEW記事2つ

 スペシャルリンク

RSS(右クリックプロパティでURL)

  世界各地のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ  海外ビーチリゾート情報

モルディブリゾートお得に予約


45,000件以上、驚きの値引料金!

ヤミン大統領、無事帰国

がんばろう 日本、モルディブ
こんにちは、朝比奈です。

韓国のSEOUL号転覆に関しては一日も早い救出をお祈りいたすとともに犠牲となった方々のご冥福をお祈りいたします。


今回のヤミン大統領の日本公式訪問。
安倍総理大臣からの招待で、
本人いわく大成功だったようですね。

大まかに活動を振り返ります。

・天皇陛下とご会見
2004年のインド洋津波では、日本の支援による防波堤がモルディブ国民を大きな被害から救ったと敬意を述べ、多くの日本人旅行客が訪れていることに触れ、モルディブが親日国家であることをアピール。

・安倍総理大臣と協議
今後の支援についても話合い手応えがあったようです。海上安全保障分野で連携を強めていくことで一致。モルディブは日本と中東の産油国を結ぶ海上交通路に位置し、関係強化が重要と判断された模様です。
また、経済や人的交流を中心に協力を確認し防衛で交流を推進していくことでも合意しました。
モルディブは地球温暖化による海面上昇の危険にさらされているため、安倍首相は気候変動や防災分野の継続的な支援をする意向を示しました。
さらに、ヤミン大統領はモルディブが地上デジタル放送の日本方式を導入すると表明。安倍首相は無償資金協力での導入支援策を探るため、調査団を派遣する方針を打ち出しました。同方式の採用決定は南アジア初で、アジア全体でもフィリピンに次ぎ2カ国目となります。

・モルディブ政府観光局のイベントに出席
日本の観光業界、旅行雑誌、出版社、旅行、ツアーオペレーターやメディアらが出席。世界クラスの観光地としてモルディブをPR。観光はモルディブの有力産業であると言及し、政府がさらに観光業に力を入れると説明し外国人投資家の支持を求めました。

・日本企業や投資家たちと面会し、モルディブへの投資を働きかけました。

ヤミン大統領は帰国時、「非常に手応えがあった、大成功だ」と話していたそうです。中でも、天皇陛下にお会いできたことは非常に名誉だったみたいですよ。


モルディブの太陽の下で—楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
—楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正
災害時にも互いに支援!


テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

大統領、公式来日

がんばろう 日本、モルディブ
こんにちは、朝比奈です

モルディブのヤミン大統領が、
初めて日本に公式訪問しますよ

大統領執務室の発表では、
来日は4月14日から17日

滞在中、
天皇陛下や安倍総理、
日本の政府官僚たちと面会し、

両国の発展と関係深化について
協議する予定だそうです

それから、
トップ企業人たちとも会い、
モルディブへの経済拡大の機会を
アピールしたいとしています。

モルディブは日本について、
1970年以来の、
重要な開発パートナー
位置付けています。

公式訪問は初めてなんですね〜
14日の夜には歓迎会も開かれる予定です

、ちょっと間に合わないかな


モルディブの太陽の下で—楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
—楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正
非公式訪問は何度かありましたね

テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

マレーシア航空(MH)370便、モルディブに?

がんばろう 日本、モルディブ
こんにちは、朝比奈です

現時点でのAFP通信による報道です。

行方が分からなくなっているマレーシア航空MH370便が消息を絶ったのと同じ日に、クダフヴァドゥ島の住民から「低空を飛行する大型ジェット機」を目撃したとの情報があり、警察による調査が始められたようです。

地元新聞のハヴィールによると、目撃者の一人は、「この島の上をあんなに低く飛ぶジェット機は見たことがない。水上飛行機なら見たことがあったが、それとは絶対に違った。飛行機のドアもはっきり見えるほどだった」と話したとのこと。複数の赤い線が入った白塗りの飛行機だったと言います。

なお、MH370便の捜索は、現在南アジアから中央アジアにかけての北方面と、インド洋南部からオーストラリアにかけての南方面の2つの広大な領域で実施されており、この2領域から遠く離れているモルディブは捜索活動には参加していないとのことです。

また、消息を絶ったマレーシア航空機に搭乗していたザハリエ機長(53)の自宅パソコンにあった個人用のフライトシミュレーターの飛行記録が約1カ月前に消去されていたことが分かった模様です。ハリエ氏の自宅パソコンを専門家が調べていました。

ハリド長官によると、パソコンには3種類のフライトシミュレーターがインストールされていましたたが、いずれも飛行記録は残っておらず、2月3日にデータを消去した形跡があったとのこと。

マレーシアのメディアは、このパソコンにモルディブとインド、スリランカの4空港とインド洋にあるディエゴガルシア島の米軍基地飛行場の計五つの滑走路のデータがあったと伝えています。

ただし、現在ニュースが錯綜しており、誤情報が寄せられている可能性もありますよね。客観的に捉えてくださいね。


モルディブの太陽の下で—楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
—楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正


テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE