あさひな しょう

朝比奈 正

管理人: 朝比奈 正
モルディブの太陽の下で』ライブ版!?
首都マーレからチョコ情報です!!
  →イラストプロフ
  →Twitterつぶやき

『モルディブの太陽の下で』

 ブログ内検索

 カテゴリー別↓

携帯電話でも見られます↓↓

QR
http://asahinasho.blog88.fc2.com/?m

 NEW記事2つ

 スペシャルリンク

RSS(右クリックプロパティでURL)

  世界各地のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ  海外ビーチリゾート情報

モルディブリゾートお得に予約


45,000件以上、驚きの値引料金!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海中閣議?

連日、旬ネタは環境です。

AFP通信社によると、
ナシード大統領、今度は10月17日に、
14人の閣僚が海に潜って
「海中閣議
なるものを開くとのことです。

海中閣議では、
12月にコペンハーゲンで開かれる、
気候変動会議に提出するための
「モルディブ国民からの声明
を承認する予定だそうです。
しかも、閣僚は、
スキューバダイビングの装備を身につけ、
ホワイトボードや身振りを使って話し合うらしい

閣僚のうち、
数人はダイビングの初心者であるため、
しばらくトレーニングを受けることになるということです。

この試み、成功すると面白いですね

日本では鳩山首相が連日報道されていますが、
なんだか朝比奈はナシード大統領とかぶってしまいます



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

モルディブの実態です

スポンサーサイト

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

World Wide Views

本日、マーレのImaadhudeen学校にて、
1日がかりで100人による市民会議
「World Wide Views」
が行われています

2009年12月に、デンマーク・コペンハーゲンにおいて「COP15(気候変動枠組条約締約国会議)」が開催されます。この会議は、1997年「京都議定書」の後のことを決めるものです。

「WWV」とは、
デンマーク技術委員会の呼びかけによる世界市民会議です。世界の市民が、同じ情報資料に基づき、同じ問いについて、同じ手法を用いて議論する試みで、9月26日に世界で一斉に開催されます。テーマは「地球温暖化問題に対して世界がどのように問題に取り組むか」です。
(WWViews Japan より)

WWVは、
専門家ではない「普通の人々」が意見し、
世界中の意見を取りまとめてCOP に提供する試みです。

世界から参加国が一斉に、100人の市民会議をします。
もちろん、日本でも京都で行われています。
(参加国一覧はこちら

世界的レベルで市民が意見を出すという、
面白い取り組みではないでしょうか
特に、発展途上国と先進国の意見の差が、
朝比奈的にも興味があるところです。
モルディブの市民は、
どのような意見をCOPへ向けて提出するのでしょうか

WWVの日本ウェブサイトはこちら
オリジナルサイトはこちら



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

モルディブのことはこちらから

気候変動サミット

アメリカ・ニューヨークの国連本部で、
気候変動首脳会合(気候変動サミット)が、
昨日始まりましたね
約100カ国の首脳たちが集まっています。
日本でも連日、
鳩山首相の提言が話題になっていますね。

鳩山首相の「25%削減」提言について、
各人が大きく反応していますが、
鳩山首相の演説の場で、
モルディブのナシード大統領も、
偉大なスピーチをしています

ナシード大統領は、
身近な問題として危機に直面している当事国として、
心の叫びを訴えました

思えば、鳩山首相が大きく提言するように、
ナシード大統領も、
カーボンニュートラル国として提言したり、
大きな一歩を踏み出しています。
誰を支持するわけでもないですが、
前マウムーン大統領の統治が引き続いたとしたら、
このような視点の政治が行われていたでしょうか

いつも感じることですが、
モルディブという国は、
本当にめまぐるしく変化し続ける国だと思います
10年先はどう展開しているでしょうか。
皆さんと共に見守りたいです

ナシード大統領と、鳩山首相の演説をリンクします
(国連のウェブサイトより)
ナシード大統領
鳩山首相


モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

モルディブについてはこちら

Eid Mubarik!

みなさん、
EID MUBARIK

もう少ししたら、
モルディブにシーズンがやってきますね
新しいリゾートをレポートしないとですよね!

そんな私は今、
たいへん久しぶりにニッポンへやってきました

政界が動いて、
芸能界麻薬事件が動いて、
気候も秋めいていて。

毎日めまぐるしく、
情報のあふれる社会。
本当に日本はすばらしい素敵な国ですね!
(拙著と同じこと言っていますか?)

日本のよいところを十分にマーレに持っていきますね



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

モルディブは夏ですよぉ~


テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

雑誌アエラの子ども版

朝日新聞出版の雑誌AERA・子ども版、
小中学生のための月刊マガジン
「ジュニアエラ」(480円)

月刊 junior AERA (ジュニアエラ) 2009年 10月号 月刊 junior AERA (ジュニアエラ)
2009年 10月号

(2009/09/15発売)



のご紹介です

今月発売・10月号の主な特集をピックアップ
地球温暖化と気象現象
ニュース解説の項目は、
●何する? どうなる? 消費者庁
● 歴史的な 政権交代 が起きた
● 18歳 って 大人 なの?
● 裁判員 でどう変わった
● 新疆ウイグル自治区 の問題とは
● 町 や 村 がなぜ消えたの? など。

他にも、連載企画として、
様々な分野の記事が目白押し。

政治経済から科学、文化、スポーツまで。
毎日のニュースを、朝日新聞の専門記者らが
ジュニア向けにわかりやすく解説しています
アエラの子ども版ということですが、
大人の私でも目からウロコ的内容が盛りだくさん

15日発売の10月号で、
今回、朝比奈は、連載企画のひとつ、
子ども地球ナビ」のコーナーで、
モルディブ・マーレに住む女の子を取材、
日常生活におじゃまして、
マーレの学生生活をリポートさせていただきました

こちらのコーナーでは、毎月、
世界各国の子どもたちの生活に触れ、
社会を垣間見ることができます

「食」「環境」「格差社会」などの特集や、
職業人インタビュー、ものづくりの現場イラストルポ、
本・映画・音楽情報など、楽しくバラエティ豊かな紙面を展開。
朝日新聞の膨大なデータペースと写真をフル活用し、
豊富なビジュアルを使った読みやすい雑誌です。

ご興味のある方は、
ぜひご覧になってみてはいかがですか

朝日新聞出版「ジュニアエラ」ウェブサイトは こちら


モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

もっとディープにはこちらをどうぞ


テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。