あさひな しょう

朝比奈 正

管理人: 朝比奈 正
モルディブの太陽の下で』ライブ版!?
首都マーレからチョコ情報です!!
  →イラストプロフ
  →Twitterつぶやき

『モルディブの太陽の下で』

 ブログ内検索

 カテゴリー別↓

携帯電話でも見られます↓↓

QR
http://asahinasho.blog88.fc2.com/?m

 NEW記事2つ

 スペシャルリンク

RSS(右クリックプロパティでURL)

  世界各地のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ  海外ビーチリゾート情報

モルディブリゾートお得に予約


45,000件以上、驚きの値引料金!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TMAとMATが!?

がんばろう 日本、モルディブ
こんにちは、朝比奈です

モルディブの移動になくてはならない水上飛行機、
「TMAトランス・モルディビアン・エアウェイズ」と
「MATモルディビアン・エア・タクシー」

こちらの2社、
アメリカの世界最大投資運用会社、
ブラックストーン(Blackstone)が、
大株主になったとの発表がありました

ブラックストーンは、
「モルディブは、1島1リゾートのコンセプトでリゾートホテルを多数展開し、過去10年間は訪問者数が増加。2012年は過去最高を記録。
このうちTMAは、1989年に設立され、20機の水上飛行機を保有するモルディブで最も歴史のある航空会社。
MATは、現在22機の水上飛行機を保有し、両社で44機、年間100,000便を運航している」と説明。

また、

「TMA、MATはいずれもマレ国際空港をベースとしており2社を合わせると世界でも最大級のツイン・オッターのオペレーターだ

としています。

インド会社による国際空港運営のあとは、
アメリカの会社が水上飛行機の株主に

モルディブの空港業界もめまぐるしいです

ブラックストーンのウェブサイトはこちら

モルディブの太陽の下で—楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
—楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

水上飛行機からの眺めは圧巻です!

スポンサーサイト

テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

モルディブの一本釣りカツオ漁業がMSC認証を取得

がんばろう 日本、モルディブ
こんにちは、朝比奈です

はて、だいぶご無沙汰してしまいました

今回は、
モルディブの一本釣りカツオ漁業
海洋管理協議会(MSC)の認証を取得した、
とのニュースをお伝えしましょう

MSCの認証は、独立した認証機関がMSCの厳格な環境基準に対して行いました。
モルディブ水産加工輸出協会が供給するカツオが、世界的に認知されたMSCのエコラベルを付けた販売が可能となったんですって。
MSCの海のエコラベルは、製品を供給源にまで遡ることが可能であることを消費者に保証するものだそうです

msn
(画像:海洋管理協議会)

以下、MSCによる経緯です
--------------------------------
環境に優しい漁業

インド洋地域のマグロ類管理はインド洋まぐろ類委員会に管轄にされています。モルディブは2011年7月に正式会員となりました。一本釣り漁業は100年に渡りモルディブで行われてきており、海洋環境に優しい漁業の例としてしばしば挙げられます。またモルディブは2010年7月よりサメ漁業および輸出の禁止令を導入し、5年後にはモルディブ全土が生物圏の保存地域になると発表しました。


世界の小売の協力をサポート

モルディブの経済は、歴史的に漁業とその他の水産品に依存しており、現在漁業は観光業に続き2番目に重要な産業と位置付けられています。漁業およびその関連業務には国の労働人口の3割が従事しており、国内総生産の15%以上になっています。また近年ではモルディブのカツオ漁獲量は一本釣りで約9万トンにものぼります。漁獲された水産品は輸出用として缶詰や袋詰めにされ主としてヨーロッパに輸出されます。


審査と認証について

MSCの基準に対する審査は、独立した認証機関によって行われました。漁業に対する採点の過程で、インド洋のカツオの全資源の状態と管理、またモルディブの漁業による生態系への影響を考慮。カツオの資源量が健全で、漁業は一貫して、生息環境と非対象魚種に対してごく限られた影響しか与えず、良好な管理原則に従っていると結論づけられました。
モルディブの漁業者は、制限基準値、漁獲制限規範の進展のため委員会と協働し、漁船の違反行為、資源量、餌魚管理に関するよりよい情報収集、絶滅危惧IB種、絶滅危惧種・危急種および保護種の保護についても取り組んでいます。
--------------------------------

この認証に対して、
モルディブのフセイン・ラシード・ハッサン農水大臣は、
「モルディブの人々は、1000年以上続くカツオの一本釣りを誇りに思っています。モルディブ人は、自ら信じていた自国の漁業の持続可能性について、公的で透明性の高い審査の結果、ついに世界が認めるようになったことをありがたく思い喜んでいます。関係各位、MSC、認証機関に感謝します」
と述べています

今回の認証は5年間有効だそうです

モルディブの一本釣りは、
本当に海や魚を愛する者たちの意識の表れですよね

これからも豊かな海を守って行って欲しい、
自然と共存して行って欲しい、
世界のお手本になって欲しいと思います

海洋管理協議会のウェブサイトはこちら


モルディブの太陽の下で—楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
—楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

リゾートでは魚釣りも楽しめますよ!

テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。