あさひな しょう

朝比奈 正

管理人: 朝比奈 正
モルディブの太陽の下で』ライブ版!?
首都マーレからチョコ情報です!!
  →イラストプロフ
  →Twitterつぶやき

『モルディブの太陽の下で』

 ブログ内検索

 カテゴリー別↓

携帯電話でも見られます↓↓

QR
http://asahinasho.blog88.fc2.com/?m

 NEW記事2つ

 スペシャルリンク

RSS(右クリックプロパティでURL)

  世界各地のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ  海外ビーチリゾート情報

モルディブリゾートお得に予約


45,000件以上、驚きの値引料金!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術展のお知らせ

マーレ中央(マジーディーマグ沿い)にある、
国立の美術館・ナショナルアートギャラリー

春の美術展のお知らせです
(モルジブ、春はないけれど


「BLUE」展
 Samah Ahmed
 2005年よりロンドン在住。処女展。
 4月9日まで

SABINA MANIK 展
 スイス生まれ。
 人生経験の苦さや甘さを表現。
 俳句をしたり歴史小説をドイツで出版したりも。
 4月16日~5月12日
 
EAGAN BADEEU 展
 スケッチ、水彩画、油彩画を得意とし、
 国内外で数々のグループ美術展を行う。
 ソロ美術展は2007年に同美術館で開催された。
 5月21日~6月2日


ナショナルアートギャラリーは、
平日の日曜~木曜、
午前10時~午後4時までオープンしています

余談ですが、
先日、私立学校の美術の先生が、
ピカソやゴッホ、ゴーギャンのテキストを持っていましたので、
「モルディブで開催されたりするの?
と聞きましたところ、
有名画家の絵(美術展)は見たことが無い、とのこと。

「日本は国内で美術展が開催されるの?」
と興味深深のようでした。
やっぱり、日本って素晴らしいね。

モルディブでは、
美術がまだまだ国民に馴染み薄く、
経費も掛かるため、
富裕層が芸術家となるケースが普通のようです。



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブ
「日本の素晴らしさ」をエッセイにて訴え中

テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

<< 「マリンダイビングフェア2009」 | ホーム | 引越しリポート >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。