あさひな しょう

朝比奈 正

管理人: 朝比奈 正
モルディブの太陽の下で』ライブ版!?
首都マーレからチョコ情報です!!
  →イラストプロフ
  →Twitterつぶやき

『モルディブの太陽の下で』

 ブログ内検索

 カテゴリー別↓

携帯電話でも見られます↓↓

QR
http://asahinasho.blog88.fc2.com/?m

 NEW記事2つ

 スペシャルリンク

RSS(右クリックプロパティでURL)

  世界各地のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ  海外ビーチリゾート情報

モルディブリゾートお得に予約


45,000件以上、驚きの値引料金!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新モルディブ・ビジョン⑤

ずいぶん久しぶりなシリーズ記事ですね
ナシード大統領応援コーナーです(笑)

さてこの度モルディブが、
国連環境計画(United Nations Environment Programme)の、
「気候中立ネットワーク(Climate Neutral Network)
に参加することになりました。

気候中立ネットワークとは、
地球規模での低炭素経済社会へのシフトを推進するUNEPの取り組み。2008年2月に発表され、国や地方自治体、企業、団体などが参加しています。国家ではモルディブのほかに、コスタリカ、アイスランド、モナコ、ニュージーランド、ニウエ及びノルウェーなどが参加しています

ナシード大統領は、今年、
「今後10年以内の2019年までに世界初の炭素中立国になる
という目標を発表しました。

“ソーラー発電や風力発電等の再生可能エネルギーへの完全シフト”
“新しい技術への投資”“優良事例の共有”
などを通じて達成したいとのこと。

さらに、
「気候変動は抽象的な危険ではなく私たちの生存への本当の脅威です。モルディブだけではなく、私たちを皆、脅かします」
と、彼は言い足しました。

海抜1.8m以下の島々からなるモルディブは、地球温暖化の影響を最も受けやすい国で、住民40万人が海面上昇や嵐のリスクにさらされている、と説明されています。

このようなことに目が行くだけでも、
モルディブは急激に発展しているのではないかと、
嬉しくなるニュースです

UNEPのプレスリリース(英語)はこちら



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

商品詳細を見る

テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

<< 新型インフルエンザ | ホーム | 国会議員選挙結果・更新 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。