あさひな しょう

朝比奈 正

管理人: 朝比奈 正
モルディブの太陽の下で』ライブ版!?
首都マーレからチョコ情報です!!
  →イラストプロフ
  →Twitterつぶやき

『モルディブの太陽の下で』

 ブログ内検索

 カテゴリー別↓

携帯電話でも見られます↓↓

QR
http://asahinasho.blog88.fc2.com/?m

 NEW記事2つ

 スペシャルリンク

RSS(右クリックプロパティでURL)

  世界各地のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ  海外ビーチリゾート情報

モルディブリゾートお得に予約


45,000件以上、驚きの値引料金!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコール合戦

街のDVD屋では、
マイケルジャクソンの「This is it」が、
あちらこちらで既に売られているマーレですよ

はて、前回ちょろっと
ホリデイインマーレ
が出来た話に触れましたが、
ちょっとした問題が出ていますよ

ホリデイインマーレは、
「マーレ初のインターナショナルホテル
との売りなのですね~

ということでホリデイインは、
館内のレストランで「お酒」を扱いたい。
経済産業省にアルコール販売許可を申請しました。
マーレで飲めるとなれば、
それはそれは画期的
と、外国人たちは大喜び!

その許可が通るのか?という矢先、
AP党が却下を政府に要請

そう、モルディブではリゾートを除き、
アルコールと豚肉類の販売が禁止されていますね。
マーレでは在住一部外国人のみ、
アルコールや豚肉の許可証が出されています。

この問題、話し合い中とのことで、
誰もが注目していまして。

そして、
堂々と経済産業省のウェブサイトに、
「OKの方向で考える
と出ました。

が。

数日後に省庁は訂正記事発表。
「却下の方向でほぼ決定
とな。
180度違うではないか!

そもそも、
モルディブの法律では、
ローカル居住島での酒類販売は禁止!
とされているのが根本的な問題だったのです。
たとえインターナショナルホテルでもね。

省庁の決定だと言っても、
また変わるかもしれませんが、
やっぱりお酒はフルレアイランドホテルまで行かないと、
飲めそうにないですかねぇ~

あ、リゾートは何の心配もありませんよ



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

イスラム社会の常識はこちら!

テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

<< 新型インフルエンザについて | ホーム | 金環日食 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。