あさひな しょう

朝比奈 正

管理人: 朝比奈 正
モルディブの太陽の下で』ライブ版!?
首都マーレからチョコ情報です!!
  →イラストプロフ
  →Twitterつぶやき

『モルディブの太陽の下で』

 ブログ内検索

 カテゴリー別↓

携帯電話でも見られます↓↓

QR
http://asahinasho.blog88.fc2.com/?m

 NEW記事2つ

 スペシャルリンク

RSS(右クリックプロパティでURL)

  世界各地のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ  海外ビーチリゾート情報

モルディブリゾートお得に予約


45,000件以上、驚きの値引料金!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内移動

こんにちは、朝比奈です

が続いたかと思うと、
からっと気持ちよく晴れる。。。
そんな昨今のモルディブです。

さて、モルディブはご存知のように、
島がいくつも集まっている国なので、
国内移動はたいへんです。

基本は船
スピードボートかドーニか。

あとは国内線モルディビアンの飛行機や、
水上飛行機MATまたはTMAがありますね

それにしたって、
時間も費用もかさみます

水上飛行機は、
ローカル料金が用意されているけれど、
リゾート離着がベースなので、
便のない島や空港が遠い島も多い。

については、
毎日運行があるか、
週に1度しかないかは様々ですが、
多くの島へ定期船が運航されています。

スピードボートで数時間とばす場合もあり、
ドーニで一昼夜かけていく場合もありです。

定期船は、
大助かりな交通手段なのですが、
実は先日、経費等の理由で、
バー環礁への定期船が廃止されてしまいました。
きっと、不便になってしまった住民も多いはず

バー環礁には、
トゥラードゥという島もあり、
ここは伝統工芸が見られる島。
朝比奈も、
興味のある島の一つでしたが残念。

結局、定期船はなくなり、
住民は、
貨物船を利用しなければならなくなってしまいました。

島から島へのんびりと、という、
モルディブ地理的状況に直面すると、
モルディブ全体の文化や発展の状況が、
どうしてこうなのか、
人々の性質がどうしてこうなのか、
分かる気もしてきます


モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

リゾート産業の国、モルディブです

テーマ : 南の島 - ジャンル : 海外情報

<< 新・ファンタジー | ホーム | モルディブ生活での料理は… >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。