あさひな しょう

朝比奈 正

管理人: 朝比奈 正
モルディブの太陽の下で』ライブ版!?
首都マーレからチョコ情報です!!
  →イラストプロフ
  →Twitterつぶやき

『モルディブの太陽の下で』

 ブログ内検索

 カテゴリー別↓

携帯電話でも見られます↓↓

QR
http://asahinasho.blog88.fc2.com/?m

 NEW記事2つ

 スペシャルリンク

RSS(右クリックプロパティでURL)

  世界各地のブログ

にほんブログ村 海外生活ブログ モルディブ情報へ  海外ビーチリゾート情報

モルディブリゾートお得に予約


45,000件以上、驚きの値引料金!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロンブーの淳さんが来ました

がんばろう日本!
こんにちは、朝比奈です。

ロンドンブーツの淳さんが、
報道のすきま的な被災地ということで、
茨城県北茨城市に
救援物資を運ぶため、
ご自身の足でいらっしゃいました。

そして、
ご自身で状況配信をしてくださいましたので、
ご紹介いたします。


「北茨城に届け隊」
#1236310
#1236644
#1237145
#1237346

ありがとうございます!!


モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ


朝比奈 正


非常持ち出し袋・案

がんばろう日本!
こんにちは、朝比奈です。

震災で何が必要か心にあるうちに、
非常持ち出し袋の案を挙げてみました。

非常用手回し電源ラジオ
 (携帯充電、ライトなどが付属)
飲料水
携帯食、チョコ、飴など
ティッシュ、ウエットティッシュ
携帯カイロ
おりもの専用シート
ばんそうこう、綿棒
歯ブラシ、マウスウォッシュ
ヘアゴム
常用薬
万能ナイフ
ライター系
スリッパ
タオル
メガネ(替えも)
マスク
軽いレインコート
身分証明所、保健証コピー
ヘアゴムや帽子
軍手等
袋類
情報メモ※
など

あったら便利なもの

ライター
レジャーシート
上着、下着
油性ペン
ガムテープ
消毒薬
紙コップ、紙皿
ポリタンク
インスタント食品、缶詰
ラップ
ゴミ袋
など

※情報メモとして
家族の連絡先(電話、メールアドレス)
管轄市区役所の電話番号
職場や学校、友人連絡先
家族の職場や学校、友人連絡先
家族の保健証番号と血液型、持病、常用薬名称
銀行口座番号、問合先
クレジットカード番号、問合先
加入保険証券番号、問合先
など

」の項目なら、
ちょっとしたバッグに詰めておける量で、
急な持ち運びに対応できるほどだと思います。
あとは、2日もすると、
お米なども食べたくなってくるので、
アルファ米や携帯みそ汁などもよいと思います。

朝比奈は、手回しラジオが大助かり。
電池がなくても携帯が充電できるし、
明かりは絶対必要だし、
ラジオは唯一の情報源になるので、
精神的にも助けられました。
ちなみに電池は入手が比較的困難です。

心の安定としても、
非常袋をご用意、常備されてはいかがですか


(総務省消防庁、日本経済新聞、兵庫県被災者連絡会さんや体験された方の意見を参考に手軽さを重視して作成。あくまで個人の意見の参考とされてください)



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正


災害救助法

こんにちは、朝比奈です。

今回は、
被災地に対しての
「災害救助法」についてです。

今回の東北地方太平洋沖地震
および長野県北部地震の震災では、

「岩手県・宮城県・福島県・青森県・茨城県・栃木県・千葉県・長野県・新潟県」

の各一部が、災害救助法適用の対象となっています。
(詳しくは各自治体にお問い合わせください)


災害救助法(さいがいきゅうじょほう)は、
災害直後の応急的な生活の救済などを定めた法律。

「国が地方公共団体、日本赤十字社その他の団体および国民の協力の下に、応急的に必要な救助を行い、災害にあった方の保護と社会の秩序の保全を図ること」

が目的となっています(法典より)。

救助の費用は、
原則として各都道府県が負担し、
都道府県の財政力に応じて国が負担。

活動の種類は、
* 避難所などの収容施設や仮設住宅の供与
* 炊出しなどによる給食
* 給水車などによる給水
* 被服、寝具その他生活必需品の支給又は貸与
* 医療及び助産、救護班の出動など
* 被災者の救出
* 被災住宅の応急修理
* 被災者の生業に必要な金品の給与・貸与
* 学用品の給与
* 埋葬
* 死体の捜索及び処理
* 災害によって住居又はその周辺に運ばれた土石、竹木等(障害物)の除去
とのこと。

これに平行し、
各企業、団体でも支援措置が出ています。

例えば
ドコモを始めWillcomやKDDIなど通信会社各社
NHK
日本学生支援機構
保険会社各社
大学等各教育機関
など。
これはほんの一例です。

被災にあわれた方々にとっては、
微々たる支援かもしれませんが、
様々な措置がとられておりますので、
どうか希望をもたれて欲しいと願っております。



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

震災支援

こんにちは、朝比奈です。

日頃モルディブ情報をお届けしていますが、
臨時で、東日本大震災
(東北関東大震災、東北太平洋沖地震災害)
情報もお届けいたします。

地震災害におきまして、
各国から支援をいただいていますが、
モルディブもありがたいその一つです。

モルディブ政府によれば、
救援物資として、
モルディブツナ缶86400個を
準備したとのことです。

本日は犠牲者の方々に対し、
1分間の黙祷が捧げられ、
明日から3日間は、
国旗を反旗掲揚すると発表されました。

日本は、
2004年の津波災害時だけでなく、
長年に渡りモルディブを支援して来たとして、
ナシード大統領を始め、
多くの国民が日本に敬意を表してくれています。

なお、モルディブを含め、
外務省から発表があった、
114の国・地域及び24の国際機関による
支援の申し入れは以下のとおりです。

(アジア)
 インド,インドネシア,カンボジア,シンガポール,スリランカ,タイ,韓国,中国,ネパール,パキスタン,バングラデシュ,東ティモール,フィリピン,ブータン,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,モルディブ,モンゴル,ラオス,台湾,香港,ASEAN

(大洋州)
 オーストラリア,ニュージーランド,パプアニューギニア

(北・中南米)
 米国,カナダ,アルゼンチン,ウルグアイ,エクアドル,エルサルバドル,キューバ,グアテマラ,グレナダ,コロンビア,スリナム,チリ,ドミニカ(共),ニカラグア,パナマ,パラグアイ,ブラジル,ベネズエラ,ペルー,ボリビア,ホンジュラス,メキシコ

(欧州)
 アイスランド,アイルランド,アゼルバイジャン,アルバニア,アルメニア,イタリア,ウクライナ,ウズベキスタン,英国,エストニア,オーストリア,オランダ,カザフスタン,キプロス, ギリシャ,キルギス,グルジア,クロアチア, コソボ,スイス,スウェーデン,スペイン,スロバキア,スロベニア,セルビア,タジキスタン,チェコ,デンマーク,ドイツ,トルクメニスタン,ノルウェー,ハンガリー,フィンランド,フランス,ブルガリア,ベラルーシ,ベルギー,ポーランド,ポルトガル, マケドニア, モルドバ,ラトビア, リトアニア,ルーマニア,ルクセンブルク,ロシア,EU

(中東)
 アフガニスタン, アラブ首長国連邦,イスラエル,イラク,イラン,オマーン,カタール,クウェート,サウジアラビア,トルコ,バーレーン,パレスチナ, ヨルダン

(アフリカ)
 アルジェリア,ガボン, ジブチ,チュニジア,ボツワナ,南アフリカ,モロッコ, ルワンダ

<国際機関>
 アジア開発銀行(ADB),東南アジア諸国連合(ASEAN),黒海経済協力機構(BSEC),カリブ共同体,包括的核実験禁止条約機構(CTBTO),欧州連合(EU),国際原子力機関(IAEA),国際刑事警察機構(ICPO),赤十字国際委員会(ICRC),国際移住機関(IOM),国際電気通信衛星機構(ITSO),国際電気通信連合(ITU),北大西洋条約機構(NATO),国連人道問題調整部(OCHA),経済開発協力機構(OECD),国連開発計画(UNDP),国連環境計画(UNEP),国連難民高等弁務官事務所(UNHCR),国連教育科学文化機関(UNESCO),国連児童基金(UNICEF),万国郵便連合(UPU),世界銀行,国連世界食糧計画(WFP),世界保健機関(WHO)



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で
―楽しもう!働こう!モルディブ

朝比奈 正

東北地方太平洋沖地震

こんにちは、朝比奈です。

このたびの
東北地方太平洋沖地震・津波
および長野県北部を震源とする地震により
被災された皆さまに
心からお見舞いを申し上げますとともに、
お亡くなりになった方々とご遺族の皆様に
謹んでお悔やみ申し上げます。
1日も早い復旧を
心よりお祈り申し上げます。


朝比奈も現在帰国しておりまして、
茨城県、千葉県北東部も、
これまでに無い状態になっております。

皆様からの温かい励ましのお言葉を
たくさん頂きまして
本当にありがとうございます。

まだインターネットがつながらないため、
他にお借りして更新しております。

被災地のみなさま、
どうか、
体力と精神力を維持し続けてください。
といっても、
おそらくインターネットはおろか、
まだまだ水も電気も無いと思いますので、
切にお祈りいたしております。

心配されて連絡を取りたい全国のみなさまも、
電話もつながりづらくなっていると思います。
テレビやラジオによる公式情報も
錯綜している状態です。

日に日にストレスもたまってまいりますが、
どうぞ、
気を強くもたれて冷静でいらっしゃることを、
切にお祈り申し上げます。


-モルディブにお住まいの皆様へ-

現在、ネット等で
いろいろ情報を入手されていると思います。

しかし、
政府の公式発表にしても、
錯綜しているのが現状です。

一つ一つの情報の変化には、
落ち着いて判断されてください。
情報も刻々と変化しているので、
新しい情報を確認されてください。

日がたつにつれて、
被災地にいらしたかたがたから、
さまざまな災害時の映像が出されています。

同じ地域によっても、
場所により被害はさまざまです。
被災地は電気も通っておりません。
電話での確認はきわめて困難となっております。
電話会社やメディアによる、
伝言サービスもご利用ください。

今回は東北地方や関東地方太平洋側が
大きな被害を受けておりますが、
都心や内陸等でも、
場所により被害が出ております。

なお、
モルディブ人やその家族に対しては、
在日モルディブ大使館から
安否確認作業が進められております。

日本では今、
計画停電と言って、
故意に停電を取っております。
余震も頻繁に起こっております。

いちばん気になるニュースとしましては、
17日午後2時までに、
最大震度5強以上の余震の発生確率が40%、
さらに1ヶ月間余震が続くとの発表があったこと、
また、
福島県・東京電力福島第一原発で、
2号機が不安定だということです。

食料やガソリン、乾電池等は
被災地から離れていても、
全国的に不足の状態になっています。
運送も不便になっていると思われます。

今後、
さらに情報に動きがあると思われますので、
常に情報収集を行ってください。


-茨城県近郊の状態-

茨城県では、
大洗におきまして、
津波が4メートル強押し寄せました。
また、
11日午後3時過ぎに、
鹿嶋沖を震源地に地震が発生したため、
那珂市、ひたちなか市、鉾田市、鹿嶋市なども、
比較的被害が大きくなっています。

電気はほぼ回復しておりますが、
水道は県内全域で苦しい状況です。

鹿行大橋は崩落しており、
県内各地で通行止め、
交通機関が休止となっております。

ゆっくりではありますが、
徐々に復興も見られる地域も多く、
福島県からの避難民の受け入れも決定しております。


何度も繰り返しておりますが、
情報は刻々と変化いたしておりますので、
どうぞ
最新のものを随時チェックなさってください。

長々と連ねまして恐縮です。
1日も早く、
皆様に笑顔が戻ることをお祈りいたしております。

朝比奈 正



モルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブモルディブの太陽の下で―楽しもう!働こう!モルディブ
朝比奈 正

商品詳細を見る

テーマ : 日常生活:日本 - ジャンル : 海外情報

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。